トリドールグループは卵や鶏肉、豚肉などをさまざまな商品の原料とし、お客様へ「食」を提供しています。
そのため、提供するすべての商品について、高品質で倫理的な基準のもとに提供することを目指しています。

アニマルウェルフェア方針

私たち、トリドールグループは、「食」を扱う企業として、生命の恵みへの深い感謝とその責任を認識しており、サプライチェーン全体で家畜におけるアニマルウェルフェアに配慮することが重要と考えています。

トリドールグループは、国際獣疫事務局(OIE)が示した基本原則「5つの自由」に賛同し、その原則に沿った家畜の飼育による調達を推進していきます。

5つの自由

  1. 飢え、渇き及び栄養不良からの自由
  2. 恐怖及び苦悩からの自由
  3. 物理的、熱の不快さからの自由
  4. 苦痛、傷害及び疾病からの自由
  5. 正常な行動様式を発現する自由

トリドールグループは、下記の3つの行動基準のもとアニマルウェルフェアに取り組み、命の尊厳について適切な配慮を行っていきます。

  1. 私たちは、アニマルウェルフェアに適用される各国・地域の法令や規制を遵守します。また、アニマルウェルフェアに関する国際的な枠組みに関しても配慮した調達活動を行います。
  2. 私たちはこの考え方を踏まえた家畜の飼養管理、生産体制の改善や技術革新などの推進を支持していきます。
  3. 私たちは、トレーサビリティの推進や情報開示、ステークホルダーとの対話を通じ、アニマルウェルフェアの向上に努めます。

採卵鶏に関する取り組み

トリドールグループは、アニマルウェルフェア方針に則り、持続可能な鶏卵の調達に努めています。

既に、イギリス(丸亀製麺、SHORYU)、アメリカ(丸亀製麺)では、ケージフリー飼養の卵を100%使用しています。また、日本においては、公益社団法人畜産技術協会の「アニマルウェルフェアの考え方に対応した採卵鶏の飼養管理指針」に則り飼養された鶏卵の調達に努めています。
その他、それぞれの国や地域の基準や社会環境に応じ、適正に飼養された鶏卵の調達を行っています。

当社グループは、国ごとに行政等と連携しながらアニマルウェルフェア向上への取り組みを続けていきます。

イギリスにおける鶏卵調達の取り組み

アメリカにおける鶏卵調達の取り組み