これからのトリドール

2025年 世界6,000店、世界外食トップブランドを目指す

「手づくり・できたて」の食事を提供し、「臨場感」と共に五感で楽しんでいただくというポリシーを大事にし、世界のあらゆる国と地域で“ローカライズ”と“多様な業態”を武器にスピーディーなグローバル展開を実現します。
また、丸亀製麺で創出した事業基盤(プラットフォーム)を活用し新たな付加価値を持つ業態を育成すると共に、JV、フランチャイズなどパートナーのノウハウをレバレッジさせ成長を加速させる「グローバル・マルチブランド戦略」によって、世界で最も革新的なグローバル外食企業へと成長を続けていきます。

グローバル・マルチブランド戦略

丸亀製麺で創出した事業基盤(プラットフォーム)上で新たな付加価値を持つ業態を育成 ⇒ 事業基盤を更に強化

グローバル・マルチブランド戦略

グローバル・マルチブランド戦略

事業基盤(プラットフォーム)も活用し、独資・直営モデルだけでなく、JV、フランチャイズなど、パートナーのノウハウをレバレッジさせ成長を加速させる

成長

※「店舗合計売上」は、グループ店舗すべての売上を合計したもので、非連結の国、ブランドの売上が含まれております。

将来ビジョン

2025年度末時点の店舗数・売上(店舗合計売上)イメージ

将来ビジョン

pagetop