TORIDOLL RECRUITTORIDOLL RECRUIT

先輩社員紹介 INTERVIEW

interviewee portfolio

中途入社/丸亀製麺
中日本営業部 部長

戎谷 崇志

同じ想いで働ける
スタッフを
どれだけ育てていけるか。

中途入社から6年で部長に

異例の速さで部長職に就いた彼だが、当然そこには多くの乗り越えるべき壁があった。「それを解決するのは常に、人。人が居なければ店舗も運営できない。人が育てば、良いサービスができる。どれだけ人を大切にするかで店舗のモチベーションも売上も変わる」と語った。

interviewee portfolio
interviewee portfolio

自分と同じ想いのスタッフを育てる

入社1年目。彼が任されたのは新規オープン店舗の店長。「人財やオペレーションなど、完璧な店舗をつくったと思っていました」。しかし彼がお店を離れることになった後、問題に気づいたと言う。「スタッフの皆さんが、一緒に働くというより私の指示通りに動いてもらうだけになってしまっていた。おそらくやらされ感があったり、働くことが楽しく思えなかったことを申し訳ないと思い、スタッフのモチベーションを上げる方法の模索を続けた。そこで気づいたのが、自分と同じ想いで働けるスタッフ、共感できるスタッフを育てていかなければならない」と言うこと。想いの共有にフォーカスしたことが、自分自身と店舗、そしてスタッフの成長を後押ししてくれたそうだ。
また彼が大切にしている人財育成の考え方に対してこう話す。「まずスタッフに時間を使います。もともと人に喜んでもらうのが好きな性格。誕生日にはメッセージやプレゼントをあげたりもするし、少しでも多くのスタッフに喜んでもらえると嬉しいですね」。それから自分への勉強の時間も大切にしている。「自分の能力を伸ばせば、スタッフに教えられるものも多くなるから意識的に学ぶ時間を増やしています」。

失敗に寛容な会社。だからチャレンジしたくなる

トリドールの社員の多くが口にすることだが、失敗上等チャレンジ大歓迎な社風。「私は誰よりも失敗の数は多いかもしれない。その分チャレンジしてきた自信はあるし、失敗から学び必ず成果を出してきた」。失敗に寛容だからこそ、彼のような挑戦し続けられる人財が多いのだろう。また、トリドールの実力主義なところも魅力的なポイントと語り、「中途で入社して社長職を目指せる会社はそう多くない」とこれからのキャリアに想いを馳せる。さらに「トリドールはこの先もチャレンジを重ねる人がもっと多くなれば、さらに大きくなれる」と期待をにじませていた。

interviewee portfolio