TORIDOLL RECRUITTORIDOLL RECRUIT

先輩社員紹介 INTERVIEW

interviewee portfolio

大卒入社
業態企画課

岡田 奎祐

目指すは
世の中の常識を
生み出すパイオニア。

自分がつくった業態を、トリドールの柱に

京都大学出身という高学歴を持つ岡田奎祐。現在は、業態企画課で肉のヤマキ商店の店頭に立ちながら、営業管理を行い、さらに分析データの整理を担当している。トリドールとの出会いは合同説明会で「たまたま見つけてとりあえず面接の練習になればぐらいの気持ちで選考を受けた」と言う。そんな彼がなぜトリドールを選んだのか。「私は、今まで世の中にないものを考えて、それが世の中の常識になる、そのパイオニアになりたいと思っているんです。例えば、ポテトチップスがあるのは当たり前ですが、考えた人がいるから、今常識になっている。そういう仕事がしたいと思っていたんです。自分が新しくつくった業態を、丸亀製麺みたいに全国に広がるようなブランドにしたい、という目標で入りました」。
そして、今は担当している肉のヤマキ商店を丸亀製麺に次ぐ第二の柱にしたいと語る。「肉のヤマキ商店が第二の柱になるために必要なのは“人”だと思っています。期待できる業態であるからこそ、方向を決める能力を持った人がもっとたくさん増えると良いと思います」。

interviewee portfolio
interviewee portfolio

得意ではないからこそ、誰でもできる仕組みづくりができる

実は、オペレーション業務があまり得意ではないそうだ。しかし、毎日の業務目標がある中でどのように達成しているのか。「目標達成のために難しいなと感じるところは、この方法だったらできる、というやり方に変えていくことはできる。私と同じようにオペレーションが得意でないパートナースタッフさんの目線で考えて、誰でもできる仕組みに変えていく。得意ではないからこそ、そこに目を向けられたんだと思います」。
さらに、サービス向上のために心がけていることがあり、それは空いた時間でプラスのサービスをすることと答えてくれた。「お客様の好みに応じて、脂が少ない部分のお肉を提供したり、お年寄りのお客様には食べやすいように薄めに切って提供しています。マニュアルにはなくとも、喜ばれるサービスを提供したいと考えています」。

会社選びは、目標を持って働ける会社を

あらゆる業界が選択できた彼が、全ての就活生に伝えたいことがあると言う。「就活って、きっといろんな選択肢があって、その中から選ぶことは本当に迷うと思います。だけど、やっぱりやりたいこととか目標を持って働けるところを選んでほしい。明確な目標があれば、どこに入社したとしても、きっとその人のためになるし会社のためにもなります。トリドールは、新しいことをどんどんやっている会社。うちの会社に入るのであれば、目標がある人が良いと思うし、そういう人が活躍できる環境があると思います」。

interviewee portfolio