TORIDOLL RECRUITTORIDOLL RECRUIT

先輩社員紹介 INTERVIEW

interviewee portfolio

高卒入社/丸亀製麺
都市圏営業部 3店舗店長

渡辺 裕太

目標になる先輩がいるから
月商記録も
つくれたと思う。

高校卒業後、わずか2年半で3店舗の店長に

若干21歳で丸亀製麺の3店舗をマネージメントする店長、渡辺裕太。高校卒業後に入社、研修を経て2年目で店長に抜擢され、それから半年で3店舗を任される店長になった。さらに配属された店舗の最高月商記録を3度も更新。都市圏営業部で表彰もされた実力派だ。
それでも数年前は高校生。「職場にうまく馴染めるか」「大変そうな仕事だが、本当に自分に出来るのか」と社会人になる不安も多かったが、それもすぐに解決したようだ。「トリドールの社員や店舗の方々は、面倒見が良い人が多い。自分のように若い人間に対しても平等に接してくれるし、懐が深い人が多いからあらゆるチャレンジを受け入れてくれる。それが嬉しい」。
店舗で働く人の意識の高さもさることながら、特に自分のやりたい気持ちを買ってくれる目標となる先輩がいたことも高いモチベーションを維持することにつながったと言う。「目標にする先輩がいてその方に追いつき追い越そうと毎日を大切にしてきました。当時店長だったその方は、今はエリアマネージャーとして活躍されています」。

interviewee portfolio
interviewee portfolio

チャレンジを積み重ねて勝ち取った最高月商記録

最初はガムシャラにやっていたが、先輩の教えもあり自分なりに売上を上げるためにあらゆるトライをしてきた。「月の売上を日割りで計算し、数値目標をパートナースタッフ※と共有しました。それをみんなのモチベーションとすることで、これまでにない成果を達成できました。先輩から受け継いだ目標達成のノウハウのひとつかもしれません」。
管理面だけでなく業務面でも自信のほどがうかがえた。「スポーツをやっていたことも関係しているのか、視野の広さとスピードが私の武器です。まわりを一歩引いて見て、テーブルの汚れはないか、パートナースタッフは効率よく動いてくれているか。すべてに目を光らせています」。その結果、月の最高売上記録を幾度も更新。らつ腕を振るっている。

※トリドールではアルバイトやパートの方々を”パートナースタッフ”と呼ぶ。

“意識”を持ってチャレンジすることが大切

彼と同じようにこれから入社する高校生に向けてのエールを聞くと「大切なのは“意識”。不安があるのは当然だし、最初はできなくて当たり前だと思います。ただそこに自分がどれだけ自覚を持って今やるべきことをしっかりやれるか、それが大切。あとはなんとかなります(笑)」。
「この会社の良いところは、チャレンジ精神を買ってくれるところ。それが自分のモチベーションにもなっているし、ここで働いている人はみんなそれが嬉しくて働いているんだと思います」。

interviewee portfolio