TORIDOLL RECRUITTORIDOLL RECRUIT

先輩社員紹介 INTERVIEW

interviewee portfolio

大卒入社/コナズ珈琲
カフェ事業部 店長

東田 純奈

人間関係の
距離の近さが、
いつも私を
助けてくれたんです。

新業態ならではの面白みと悩み

「ハワイアンなインテリアから感じる雰囲気や、スタッフとつくり上げる居心地の良い空間は、カフェならではの時間をお客様に提供できると思っています」。お客様へのサービスを充実させる一方で、当然売上も重要。しかし、売上を上げるために何か新しい取り組みをと思うものの、なかなか突破できずにいる彼女に的確なアドバイスで解決に導いたのがエリアマネージャーの存在だった。

interviewee portfolio
interviewee portfolio

密なコミュニケーションで課題解決

アドバイスされたのは「この店舗にしかできないことを考える」ことであった。「店舗レイアウトや客層、立地によってお客様が求めるサービスは変わってくることを教えてくれた」。またエリアマネージャーは店舗に来る回数も増やしてくれ、とにかく話を聞いてくれるそうだ。「アイデアも豊富で、あれこれ試行錯誤するのが日課のようになった」と言い、それが今の彼女の自信にもつながっているようだ。そして、密な相談を重ねることで彼女自身の壁を突破することができた。
コミュニケーションといえば、カフェ事業の特徴なのか近隣のお客様との関係性も楽しみのひとつらしい。新商品などが出た時に、まわりのオフィスや地域のお客様に挨拶回りをすると、顔なじみが増えていき今では「今日も頑張ってね!」とエールをもらうこともしばしば。「地域も含めて、お店の良さを多くのお客様に知っていただけることが魅力ですね」。

本社も現場を理解しサポートしてくれる

コナズ珈琲は誕生して日が浅いため、成長できる余白が大きく、その分オペレーションや接客マニュアルなど改善できるポイントがまだあるのが現状だ。また「一見華やかなカフェ業態ですが、仕事がハードなことは間違いないです。でも、最近はマニュアルをつくること自体にもやりがいを感じてきています。その方がブランドをつくっている、という実感も持てますし。本社のサポート部は、現場のこうしたら良いという声に対して随時相談に乗ってくれ、課題に対して改善のためにすぐに動いてくれる」と言う。
「だから私も含めて、もっと声を上げて教育体制も整えて次の世代がもっと活躍できるようにしていきたい。カフェ事業の楽しさも大変さも含めて、もっと多くの方に知ってもらいたい。それをサポート面できっちりバックアップしてくれる会社にとても感謝しています」。

interviewee portfolio