Stakeholders ステークホルダーとのコミュニケーション

ステークホルダーとのコミュニケーション

(タイトル非表示)

  • 8: 働きがいも経済成長も
  • 12:つくる責任つかう責任
  • 17:パートナーシップで目標を達成しよう

トリドールグループでは、「トリドール行動基準」の中で、「関係者との約束」を定めています。トリドールグループが持続的な成長を実現するためには、さまざまなステークホルダーとのコミュニケーションにより、ステークホルダーからの期待を把握し、的確に事業活動に反映していくことが不可欠であると考えています。

株式会社トリドールホールディングス CSR推進室, 株式会社トリドールホールディングス 経営企画室, 株式会社トリドールホールディングス 商品戦略部, 株式会社トリドールホールディングス 品質保証部, 株式会社トリドールホールディングス 人事部, 株式会社トリドールホールディングス 購買部

株主との対話

トリドールグループでは、株主・投資家の皆様からご理解、信頼をいただくために、株主総会、IRミーティング、決算説明会の実施や、株主通信などの報告書を発行し、適切な情報開示とともにコミュニケーションを推進しています。トリドールグループの企業価値を評価、ご支援いただけるよう、株主・投資家の皆様からのご意見や対話の結果は経営に反映すべく努力していきます。
2019年度は、年1度の株主総会を実施するとともに、機関投資家向けに決算説明会を実施しました。

写真
株式会社トリドールホールディングス CSR推進室, 株式会社トリドールホールディングス 経営企画室, 株式会社トリドールホールディングス 商品戦略部, 株式会社トリドールホールディングス 品質保証部, 株式会社トリドールホールディングス 人事部, 株式会社トリドールホールディングス 購買部

お取引先様とのエンゲージメント

トリドールグループの事業は、原材料の生産者や流通業者をはじめとして、多くのお取引先様に支えられています。そのため、お取引先様とのコミュニケーションを特に大切にしています。
その考えのもと、毎年、年1回トリドールグループの主要なお取引先様と代表取締役社長兼CEOをはじめとする経営幹部とのエンゲージメントを実施しています。

株式会社トリドールホールディングス CSR推進室, 株式会社トリドールホールディングス 経営企画室, 株式会社トリドールホールディングス 商品戦略部, 株式会社トリドールホールディングス 品質保証部, 株式会社トリドールホールディングス 人事部, 株式会社トリドールホールディングス 購買部

従業員との対話

トリドールホールディングスでは、従業員の代表である労働組合との労使協議会を毎月行っています。また、労働組合がまとめた従業員の声を経営幹部に報告し、労働組合からの提言を受ける機会を年に1回設けています。
2019年度は、年末年始の手当て増額や育児・介護と仕事の両立体制の整備、正社員の働き方改善などの意見が従業員から提言され、経営幹部と議論を行いました。

株式会社トリドールホールディングス CSR推進室, 株式会社トリドールホールディングス 経営企画室, 株式会社トリドールホールディングス 商品戦略部, 株式会社トリドールホールディングス 品質保証部, 株式会社トリドールホールディングス 人事部, 株式会社トリドールホールディングス 購買部

産学連携の取り組み

フードビジネスのリーダー育成

トリドールグループでは、カンボジアのプノンペン大学内のCJCCにて、2018年10月にフードビジネスにおける店舗のマネジメントを学ぶビジネス講座を開講しました。将来は自分の店を持ちたいという夢を持つ学生など世界のフードビジネスを担う人材の育成を今後も目指します。

写真
駒澤大学協働プロジェクト「中高生向け社会価値提供プログラムの開発」

トリドールホールディングスは、2020年2月、駒澤大学の中村ゼミの生徒とともに、中高生向け社会価値提供プログラムの開発をテーマとしたコンテストを開催しました。
16名の学生が4グループに分かれ、トリドールグループの事業内容をベースに「トリドールグループならではのCSV活動」の観点から、昆虫食、障がい者支援、食品ロス、食育をテーマとした各々の事業を提案しました。
代表取締役社長兼CEOの粟田をはじめ、執行役員などが審査員となり、「企画力(独自性)」、「収益性(ブランディング)」、「実現可能性」、「プレゼンテーション能力」の4つの観点からの評価を基に、総合的に判断し優勝グループを決定しました。
優勝グループのプロジェクトは、予算および日程をもとに実現可能性を検証し、可能と判断した場合は、実行する予定です。

写真
高校生インターンシップの推進

トリドールグループでは、2018年より9都府県(東京・神奈川・埼玉・千葉・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫)において「高校生インターンシップ」を受け入れています。
同インターシップでは、ホールでの接客作業や営業体験に加え、Mission・衛生管理・お客様への思いと接し方などを学ぶ座学も行っています。
2019年9月末日現在、36校130名の高校生にご参加いただいています。

写真
株式会社トリドールホールディングス CSR推進室, 株式会社トリドールホールディングス 経営企画室, 株式会社トリドールホールディングス 商品戦略部, 株式会社トリドールホールディングス 品質保証部, 株式会社トリドールホールディングス 人事部, 株式会社トリドールホールディングス 購買部

社内浸透のための取り組み

新入社員への浸透活動

トリドールグループでは、全新入社員に対して、トリドール行動基準を収めた行動規範ブックを配布しています。ステークホルダーとの約束を柱としたトリドール行動基準を基に、当社で働く従業員として必要な行動指針を示しています。

株式会社トリドールホールディングス CSR推進室, 株式会社トリドールホールディングス 経営企画室, 株式会社トリドールホールディングス 商品戦略部, 株式会社トリドールホールディングス 品質保証部, 株式会社トリドールホールディングス 人事部, 株式会社トリドールホールディングス 購買部

  • MARUGAME SEIMEN
  • KONA'S COFFEE
  • TORIDOLL
  • NAGATA HONJO-KEN
  • MAKINO
  • BUTAYA TON-ICHI
  • HAKATA-MARU
  • YAMAKI SHOTEN
  • BANPAIYA
  • ZUNDO-YA
  • SONOKO
  • WOK TO WALK
  • MARUGAME UDON
  • BOAT NOODLE
  • SHORYU
  • Tam Jai Yunnan Mixian
  • Tam Jai SamGor Mixian
  • Pokeworks
  • MONSTER CURRY